肌質の弱い方には不向き

肌の弱い人はレーザー出力の調節を

肌の弱い人には不向きだとされるレーザー脱毛ですが、実際のところは出力を調節することで施術を受けることが可能になります。それというのも、レーザー脱毛の場合、レーザーは肌にアプローチをするのではなく、毛根へアプローチをするため、肌は少し熱を帯びる程度で、ダメージは殆どないと考えられています。ただ、医療脱毛クリニックでは、敏感肌やアトピー肌などの肌の弱い人に対する対応も万全に整えています。肌が弱い人の場合、施術前のカウンセリングでその旨を伝えておけば、レーザー出力を調節し、通常よりも弱い出力にて施術を行うなどの対応をしています。そうすることで、肌に与えるダメージを軽減し、肌が弱い人でも施術を受けられるようになるのです。

新しく開発されたレーザー脱毛は肌の弱い人にも適している

一般的には、レーザー脱毛は肌の弱い人には不向きであると言われて来ましたが、最近新しいレーザー脱毛機器が開発されたことにより、その常識が覆されることになりました。そのレーザー脱毛機器というのは、蓄熱式の脱毛機器です。従来のレーザー脱毛では、毛根部分にある毛母細胞へレーザーを照射するため、高出力のレーザーを照射する必要がありました。そのため、肌の弱い人にはレーザー脱毛は不向きだとされていたのです。ところが、最新式の蓄熱式のレーザー脱毛では、皮膚の浅い部分にあるバルジ領域にレーザーを照射すれば脱毛が可能になりました。その結果、出力の弱いレーザーでも脱毛が可能なため、アトピー肌や敏感肌にも安心して用いることができるようになったのです。

© Copyright Light Hair Removal. All Rights Reserved.